日本社会心理学会は会員数1800名以上を数えており,国内外の多くの大学で社会心理学を学び,また研究することができます.しかし,そうした情報を集約したサイトは他にありません.このサイトでは「社会心理学が学べる大学」を一覧することをめざして,日本社会心理学会の会員からの自主的な提供によるデータにもとづき,そのリストを作成しています.

学科や専攻等,比較的大きめの単位で社会心理学が学べるところは少ないので,個人研究室単位での登録を基本(もちろん学科や専攻もOK)として,情報を掲載しています.


会報212号(2016.12刊行)の特集「拡張版「社会心理学が学べる大学」」に情報を提供して下さった研究室をまとめたリストはこちらです.


※情報の新規登録を希望する方は,広報委員会 jssp_pr [at] googlegroups.com に必要事項(登録を希望する専攻や研究室等の名称,100字程度の紹介文,リンク先URL)をお知らせ下さい.登録情報の修正を希望される方も,同様にお願いします.

現在の掲載数は,36件です.

東洋大学大学院 社会学研究科 社会心理学専攻 北村研究室

東洋大学大学院・社会学研究科・社会心理学専攻 北村研究室(モラリティ、恨み、公正、宗教心、文化、政治、保守、民主主義、統治)では、日本人の基底に存在する意識化、言語化されない宗教心と政治選択、対人行動、協力行動、主張性、内集団ひいきなどの広範囲の現象への影響を研究しています。

東洋大学 社会学研究科 社会心理学専攻

安藤研究室(自己、被害者心理)、大島研究室(認知、文化)、山田研究室(消費行動)、桐生研究室(犯罪)、戸梶研究室(感情、コミュニティ)、片山研究室(余暇行動)、尾崎研究室(自己制御)、北村研究室(モラリティ、恨み、公正、宗教心、文化、統治)など、関連分野教員が多く多角的な指導を受けることができて、総合研究という全体でさまざまなゲストトークに接する機会も多い。経常的に韓国大学とも交流会。

上越教育大学 越研究室

教育に関わる社会心理学を扱っています。現職の教員も院生として在学していますので,学級の人間関係や学級集団の発達,学級経営等をテーマとして,社会的アイデンティティやネットワーク論からアプローチします。

http://www.juen.ac.jp/edupart/

尾見康博研究室

旬なテーマは「Bukatsuの文化心理学」。部活ってとってもユニークなしくみですが,それが日本の中学校や高校のしくみとどのように関連しているだろうかって考えています。学校以外のテーマでもOKでーす。

http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~omiyas/omi.htm