「社会心理学研究」 編集委員会規程
number
条 項
discription
内  容
第1条
日本社会心理学会は会則第4条第5項にもとづき、機関誌として「社会心理学研究」(英文名“Japanese Journal of Social Psychology”)を年3回編集発行するため、理事会のもとに編集委員会をおく。
第2条
編集委員会は「社会心理学研究」に掲載する研究論文(会員が投稿した未発表の原著または評論、および会員以外の者でも学会が委嘱した論文など)および記事などを受理し、審査し編集する。
第3条
編集委員の選出は、日本社会心理学会役員選挙規程第九条に従う。
第4条
編集委員会は委員長1名をおく。委員長は編集担当常任理事を充てる。委員長は編集委員会を招集し、その議長となるほか編集事務を統括する。
第5条
編集委員会には編集事務を担当する編集幹事1名をおくことができる。ただし、当分の間非常勤とする。
第6条
編集委員会の開催に当たり地方在住の編集委員に対しては予算のゆるす限り旅費実費を支払う。
第7条
「研究」に投稿された論文を審査するため編集委員のほかに複数の協力審査員(レフェリーズ)をおくことができる。審査員には会員中よりその専攻分野・業績などを考慮して選定し、編集委員会委員長が審査を委嘱する。
第8条
編集規程および論文審査の基準・方法については別に定める。
第9条
本規程の改正は常任理事会が発議し、理事会における決議を経なければならない。
第10条
本誌の編集委員会は当分の間、編集委員長の所属する機関に事務局をおく。
附則
この規程は、昭和60年3月30日より施行する。
附則
この規程は、平成5年10月29日より施行する。
附則
この規程は、平成10年11月7日より施行する。
附則
この規程は、平成18年9月17日より施行する。