Nawata, K. (縄田健悟) (2019). 
A glorious warrior in war: Cross-cultural evidence of honor culture, social rewards for warriors, and intergroup conflict 
戦争における栄光の戦士:名誉の文化,戦士への社会的報酬,集団間紛争の比較文化的論拠
Group Processes & Intergroup Relations 
doi: 10.1177/1368430219838615

Previous research has shown that honor culture and honor ideology enhance interpersonal and intergroup aggressiveness at the individual level. This study aimed to examine collective-level relationships among honor culture, social rewards for warriors, and intergroup conflict. To demonstrate these relationships, I used the Standard Cross-Cultural Sample, which contains data on 186 mainly preindustrial societies from all over the world. The analysis demonstrated that honor culture, which values males’ toughness and aggression, has a positive relationship with frequency of intergroup conflicts. In addition, social rewards (praise, prestige, and status) for warriors mediated the relationship between honor culture and frequency of intergroup conflict. These results imply that the collective-level processes of honor culture enhance intergroup conflicts through the social reputations of warriors who participate in war.

これまでの研究は、名誉文化と名誉イデオロギーが個人レベルでの対人間・集団間の攻撃性を高めることを明らかにしてきた。 本研究の目的は,名誉文化,戦士への社会的報酬,集団間紛争に関する集合レベルの関係を検証することである。 本研究ではStandard Cross-Cultural Sampleという人類学分野のデータセットを利用して分析した。ここには主に前産業社会の世界186データが含まれている。 分析の結果,男性のタフさと攻撃性を重視する名誉文化は集団間紛争の頻度と正の関係にあることが示された。 さらに、戦士への社会的報酬(賞賛、特権、地位)は,名誉文化と集団間紛争の頻度との関係を媒介した。 以上の結果は、集合レベルの名誉文化のプロセスが,戦争に参加する戦士の社会的評判を通じて集団間紛争を激化する可能性を示唆している。

●著者による解説記事: https://nawatakengo.hatenablog.com/entry/nawata_2019_gpir