Hirashima, T.(平島太郎), & Igarashi, T(五十嵐祐). (2022).
Is Mentalizing Essential to Predict Human Network Size? Reexamining the Social Brain Hypothesis From a Social Network Perspective.
メンタライジングはヒト社会的ネットワークサイズの基盤となるか? 社会的ネットワークの視点に基づく社会脳仮説の検証
Letters on Evolutionary Behavioral Science, 13(2), 50–56.
https://doi.org/10.5178/lebs.2022.99

One central question in social science and evolutionary anthropology is how humans can form and maintain large social networks. The social brain hypothesis argues that humans use their mentalizing ability to read others’ minds for the development of dyadic relationships in layered social networks. However, previous empirical studies have not directly examined the association between mentalizing and the size of the active network located at the outermost layer. By introducing a social network perspective, we predicted that individuals use their mentalizing ability not only to form and maintain dyadic relationships but also to belong to multiple communities, which indirectly expands the active network size. We collected data from undergraduates in Japan (N = 175) to examine how mentalizing is linked to the size of online social networks. Mentalizing was positively associated with the number of dyads but not with the number of communities and the active network size. These findings suggest that the social brain hypothesis has limited validity, and there is a need for more careful explanations surrounding the psychological and structural underpinnings of large human social networks.

社会科学や進化人類学の中心的な問いの一つは、ヒトがどのようにして大規模な社会的ネットワークを形成・維持するかということである。社会脳仮説は、ヒトが「他者の心を読む」メンタライジングを用い、多数の他者との社会関係を構築することで大きな社会集団を維持すると主張する。しかし、これまでの実証研究では、メンタライジングと最外層のアクティブネットワークのサイズとの関連は直接的には検討されていない。本研究は、社会ネットワークの視点から、個人がメンタライジングを、ダイアドの形成・維持だけでなく、複数のコミュニティへの所属に用いることで、間接的にアクティブネットワークのサイズを拡大させると予測した。日本人大学生(N = 175)を対象に調査を実施し、LINEの利用状況をもとにネットワークサイズを測定し、メンタライジングとの関連を検討した。その結果、メンタライジングはダイアド数とは正の相関を示したが、所属コミュニティ数およびアクティブネットワークのサイズとは無相関であった。これらの結果は、社会脳仮説の妥当性に限界があることを示唆しており、大規模な人間の社会的ネットワークの心理的・構造的基盤について、より慎重な説明が必要であることを示唆している。